トラブルが起こったら駆けつけてくれる

通勤途中だったり旅行を楽しんでいる最中だったり、どのようなタイミングで自動車にトラブルが起こるか分かりません。バッテリー上がりやパンクなどが起こってしまうと、自身では対応しきれずに途方に暮れてしまう方もいるでしょう。そのようなときにしっかりとサポートしてくれるのが、自動車保険会社が用意してくれているロードサービスというオプションです。契約をすればトラブルが起こったとき、連絡をすることで現地まで駆けつけてくれてバッチリと解決してくれます。民間のサービスにも同じようなロードサービスを行ってもらえるものがありますが、自動車保険会社が用意してくれるオプションを利用すれば、わざわざ別途契約する必要はありません。

サービス概要をチェック

ロードサービスにはいろいろな種類があり、自動車保険会社によって対応できるトラブルが異なっています。トラブル時の宿泊費用のサポートや旅行費用のキャンセル料金を負担など、自動車には関係のないサービスを提供してくれているところもあります。トラブル時に何が必要となるのか考慮した上でロードサービスの中身を選べば、ベストな自動車保険と契約できるでしょう。なお、ロードサービスを無料でつけてくれている自動車保険会社もあります。ただし、その場合は利用回数が決まっていたりレッカーサービスの距離が制限されていたりします。条件をきちんと読まなければ、いざというときにまったく役に立ってくれない可能性もあるので注意しましょう。