一般タイプの補償条件と限定条件との違いに注意

基本的に車両保険は、どの保険会社にも一般条件と限定条件のタイプがあります。車両保険は任意保険ですので、この2つの特徴の違いを理解しておくと保険料の節約に繋がります。まず一般条件タイプの車両保険は補償内容が広く、電柱やガードレールにぶつけたなどの自損事故や相手車両不明な当て逃げ、自然災害に含まれない地震による破損、故障にも適用されるケースが多いです。一方で車対車などの限定条件の車両保険では、保険料が安いというメリットがある代わりに補償対象が一般条件より狭く設定されています。自動車同士の接触や自然災害は一般条件同様に保険が適用されますが自損は含まれないなどの違いがあります。保険会社によって補償内容は異なります。自身の運転スキルや車の寿命も考慮して保険を選ぶことが一般的です。

自然災害に含まれない地震・津波

一般条件も限定条件も自然災害は補償対象とする保険会社は多いですが、自然災害として認められているのは台風・洪水・竜巻・高潮・雹などです。勘違いしてしまいがちな点として「地震・津波・噴火」による被害は車両保険の対象に含まれないということです。これらは例外で、一般条件タイプの車両保険に加入していても対象外となるケースが多いので注意してください。保険会社にもよりますが地震や津波被害に対する別途オプションの車両保険が用意されている場合があります。日本は全国的に地震の多い土地なので、地震や津波による被害が起こらないとは言い切れません。保険料は高くなりますが、地震・津波被害対象オプションのある保険会社を選ぶことも一つの選択肢です。