保険会社が交渉できない「もらい事故」に不可欠な特約

自動車保険における弁護士特約は交通事故に関するトラブルを弁護士に相談するための費用を補償するものです。交通事故の交渉は保険会社が行いますが、自分の過失が一切ない「もらい事故」は例外です。法律の一種である弁護士法に抵触するため、もらい事故の場合は被害者本人が相手側と交渉しなければいけません。しかし、交通事故に関する法律をすべてのドライバーが熟知しているとは限らないため、被害者であるにも関わらず金銭面で不利な状況に陥ってしまう可能性があります。相手側の高度な交渉術により、被害者であるはずの自分に非があるかのように扱われるおそれもあります。このような時に弁護士特約を結んでいれば交通事故の交渉に慣れている弁護士へ相談する費用を補償してもらえるのです。

弁護士特約を正しく使いこなすための注意点

弁護士特約はもらい事故に対する備えとして認知されていますが、一方ですべての契約内容が充実しているとは限りません。ひと口に弁護士特約と言ってもその内容は保険会社ごとに異なります。事故の件数や対象になる人数、相談内容など様々な事柄に条件が設けられているのが普通です。支払われる保険金の金額も契約内容ごとに違いがあるため、特約を付ける際は内容を十分に確認しなければいけません。特に保険金の金額は後になってトラブルに発展しやすいことから慎重に判断する必要があります。また、保険会社によっては弁護士を紹介してくれる所がありますが、その弁護士が必ずしも交通事故の交渉に慣れているとは限りません。相談を行って納得ができなかった場合は他の弁護士にお願いする決断も必要になります。